スマートフォンを考慮したWEBサイト作り

ホームページといえば元来パソコンで閲覧するものでしたが、スマートフォンの台頭ですっかり様変わりしてしまいました。

以前はパソコン用のサイトと携帯用のサイトは別々に作られていましたが、スマートフォンのいいところはパソコン用のWEBサイトをそのまま閲覧できること。

時代の流れに敏感な企業では、スマートフォンから閲覧する人が指でタッチしやすいようにアイコンやボタンを大きくしたり、サイトのサイズ自体をスマートフォンでも見やすいサイズに変更したりしています。

スマートフォンでは電話番号をタッチすれば直接電話をかけることができるので、画像で表示していた電話番号を文字で入力するといった工夫も必要になってきています。
ケータイ向けのウェブサイトは、それぞれの携帯キャリアの基準に応じたサイトの作成方法があるので面倒です。

そのような規制の無い「勝手サイト」といわれる自由設計のサイトが、ケータイでは主流なのですが、自動で作られたりしていて、品質面では疑問ですね。
これからはケータイよりもスマートフォンですから、そちらにシフトすることが賢明な判断でしょう。

では、実際にスマートフォンによるショッピングに関して、いろいろと考えてみましょう。
スマートフォンはイメージとしては男性ユーザーが多く感じます。
女性がケータイを嗜好するのは、おそらくメールの表現が豊富だからでしょう。

«
»