雨の予想

外出するときに、傘を持っていくか悩むことが多々あります。
傘ってとっても邪魔になるし、かといって折り畳みでは本当に降った時は小さすぎる上にカバンの中で結構な存在感を持つので嫌いだし、いつもいつも賭けのようなことになるんです。

今日は、お気に入りの服を着ていたこともあったし、移動する場所に屋根のないところが多かったので、朝のどんより雲と天気予報を頼りに、思い切って傘を持って行きました。

まぁ、しかしながら、降ったのは傘なんていらなくてもいいぐらいのド・小雨…。
やってしまいました。

結構なショッピングもしたので、荷物を運ぶのにてんてこ舞い。
そして、これが最大の問題なんですが、どこかの傘立に置いて帰りました…。
これ、ホントによくやるんですよね。

使わなかった時は90パーセントと言っていいぐらいに。
なんか、もう少しいい方法はないのかな。
あくまでも予想なので、盲信せずに参考程度に努めたいと思います。

気象庁も予想の精度を上げる努力はしているでしょうから、所詮は統計上での傾向と対策を言っているので、100%を求める方が図々しいわけです。
自分に出来ない事をやってもらってるのに、感謝の無い人の言い分って、大体そんな感じでしょう。

天気予報が外れたのは気象庁のせいだって、大人として恥ずかしいですよね。

«
»