次女が新体操クラブに

6歳になる次女が新体操クラブに入りました。
これまで習い事は何もしていなかったのですが、成長期に運動系のことを何かさせたかった事もありますし、本人も習い事に対する憧れがあったようです。

長女は早くからいろいろな習い事をしていましたが、正直言って二番目はまだ先でいいかとのんびり構えていた私です。
それに次女は長女と違って運動神経が良かったので、習うほどの事はないという思いもありました。

幼稚園の運動会でかけっこも一番ですし、縄跳び大会でもチャンピオンになりました。
その上バランス感覚が良いので、私がピンときたのは新体操でした。
試に体験させてもらったのですが、1時間ずっとストレッチばかりやっていました。

ある知り合いのことです。
アルバイト先で彼と出会いました。
母国中国にいる時、サッカーが好きで、将来サッカー選手になるのが夢でした。

しかし、母は日本人と結婚して、自分も母につれて日本に来ました。
サッカーはもちろんできなくなって、日本語もあまりわからないので、自立生活ができなく、仕事の面接も母と一緒に行かなければなりません。

現実世界で自分は無能な人だと思って、オンラインゲームをやり始めました。
たくさんの時間とお金を使って、グループのリーダーにもなりました。

ゲームの中にいる時こそ、自分の価値を感じたと言いました。
バーチャル世界に一時的に満足することができますが、一生ゲームの中で生活するわけではないでしょう。
彼のことを今でも心配しています。

«
»