快眠

心地よく眠ることは、健康につながります。
昼間は交感神経が働いていて、体は活動しやすい状態になっていますが、夜になると副交感神経が優位になり、緊張がほぐれ、リラックスした状態になります。

呼吸が深いほど、眠りが深くなるとも言われますので、睡眠前に深呼吸してみるのもいいでしょう。
呼吸が深いと、体内に取り込む酸素の量が増えるので、疲れが取れやすいと言うメリットもあります。

寝床内環境というのは、布団の中の温度や湿度のことです。
季節によって寝具に工夫をし、快適な睡眠環境を作りましょう。

人間の生体時計は、一日の長さである24時間より、少し長いそうです。
その誤差は、朝日を浴びることで、リセットされています。

毎朝、しっかり朝日を浴びることで生体時計を調節することは、その日一日のリズムを作るうえで大切なことです。
ともかく睡眠は、美肌には欠かせない要素であり、最近ではマイ枕を作るような健康ブームでもありますから、「休む」「休息」ということもキーワードなのかもしれません。

睡眠不足を自慢げに語るのは男性が多いですが、どうも裏心理としては女性の気を引こうとしているようです。
しかし、ピント外れですよね。
睡眠不足を気遣う女性は、その男性が何らかの部分に魅力を感じている時意外は、全く関心が無いものです。

単純に生活が不規則で、だらしがないと思われるのがオチですね。

バタバタしない会社がいい
就業管理ソフト
ICカード認証タイムレコーダー型、ログイン打刻型から選択
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«