士業

「士業」はその文字通り「さむらい業」とも言われ、資格職業の俗称です。
高い専門性を要求されていて、取得が難しい国家資格となっているものばかりです。

その資格の末尾が「士」の文字が多いことから、「士業」と呼ばれています。
士業の例として、司法では代議士、弁護士、司法書士など。

また、行政書士、公認会計士や税理士、建築士や土木管理技士、土地家屋調査士、介護福祉士や社会福祉士、気象予報士、救急救命士、保育士など多岐にわたります。

これらの職業は、無資格者がその業務を行うことができないよう法律で定められています。
医師や看護師は、専門養成課程を修了する必要があるものは、「師」と言う文字が使われ、士業とは分けられていますが、こちらも専門性の高い職業です。

自分のスキルアップのためや就職のため、「士業」の資格取得を目指す人も多く見られます。
これらの資格を活用したビジネスは、個人単位の経済活動が主であり、定年も自由に自分自身で決定できるとあって、退職後の第二の人生としての選択肢に含める人もいます。

事務所を構えることなく、自宅の一室を執務室とすれば経費を抑えられますし、儲けることは二の次として、社会貢献を最優先することが長くやる秘訣とか。
しかし、仕事の手抜きは許されないため、適度な緊張感も老化予防として効果的のようです。

タバコ代を貯めて開業費用に充てるなどの努力家は、しっかりと地域に貢献できているそうですね。

業務報酬に余裕が出たら、電子タバコ通販ショップをネット上で開業することも検討の価値ありです。

夏は海に行く
マンタ舞う石垣島でダイビング
完全少人数制。気になる川平石崎のマンタ情報発信中。講習も受付中。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»