恋人を作る事や結婚する事を望む人が減ってきている

最近、結婚する年齢が男女ともにどんどん上がって来ている傾向があります。
草食系男子が増えてしまったこと、女性の仕事が軌道に乗りやすくなったこと、お互いに理想が高くなったことなどが原因とも言われています。

男性は女性に対して「自分の三歩後ろを歩く人」を好み、女性は男性に対して「自分より上に立っていて頼りになる人」を好んでいます。
この男女の好みは昔から変わってはいないですが、現状が逆転してしまっていて、今は男性より女性の方に強く頼れるタイプが増えているようです。

ただ、男女どちらも30歳近くから魅力が出てくるとも言われているので、結婚も出産も例年よりどんどん遅くなってきていますが、お互いに良きパートナーが出来て子供が産まれたら、人生も変わるかもしれません。

結婚した夫婦に聞いてみると、お互いの第一印象から良かったという人は半々くらいです。
なので、今好みのタイプとして挙げている条件にぴったり当てはまる人はなかなかいません。

もっとより多くの人とコミュケーションを取って、好みのタイプでなくてもお互いに安心できる人、心の安らぎになる人を選ぶといいでしょう。

独身の方は、結婚について過度な期待や不安を抱き過ぎているようです。
いろいろな情報を集めすぎて、頭でっかちになってるんですよね。

結婚生活のスタートの時点では、既に完璧な夫婦なんていないのです。

幸せな結婚生活を送るための秘訣

テレビや雑誌で「スピード結婚」という言葉をよく聞きますが、それと同じ数だけ「スピード離婚」という言葉も聞きます。
3組に1組は離婚していると言われる昨今。
原因として一番多いのが「性格の不一致」「価値観の相違」だそうです。

でも、もともと他人だったわけですし、性格や価値観が違うのは当たり前のこと。
逆に、性格や価値観が全く同じだったら、うまくいかない気がします。
それでも、性格の不一致や価値観の相違を理由に離婚する人が多いのは、どうしてなのか不思議でなりません。
こういう話をバツ1の友達にすると、「結婚したことがないからわからないんだよ」と言われてしまいます。
まあ、そう言われてしまったらぐうの音も出ません。
結婚も離婚も経験したことがない私なんぞに言われたくない気持ちはよくわかります。
友達が言うには「わかっていて結婚したつもりだったけど、実際に生活を共にしてみないとわからないこともある」ということです。
経験者は語る。
こういう話を聞くと、結婚に対する憧れのようなものがどんどん薄れていくから困ります。
年々離婚率が上がっているのは、そうした夫婦間のトラブルに対するこらえ性が減少しているからだと何かで聞いたことがあります。
昔の人は多少性格が違っても、価値観が違っても、暴力を振るわれても、離婚までする人は少なかったようです。
離婚ということ自体が今ほど一般的ではなかったんでしょうし、相当我慢強かったのでしょう。
離婚を回避し、幸せな結婚生活を送るための秘訣。
それは、ちょっとしたトラブルにも動じない耐性を身につける、ということなのかもしれません。

«
»