バスケットボールをつうじて教えられたこと

私は中学校から高校までバスケットボール部に所属していました。
小学校高学年から背も男子より高く、リーダーシップをとりたがるタイプでしたし、足が速かったので即レギュラー入り出来ました。

しかし徐々に身長も伸びなくなり、ポジションはいつの間にかゴール下からトップの位置になってしまいました。
トップのプレーヤーは3点シュートのようなロングシュートを決める事が得意でないとチームに貢献出来ません。

私はランニングシュートが得意でしたので、レギュラーの座を守るため、ロングシュートの練習を始めました。
しかし、どうしても気持ちが負けてしまいロングシュートを決める事が出来ません。

そんな時です。
1つ上の先輩がアドバイスをしてくれました。
リズムにのって膝のバネを使うことを教えてくれたのです。

その後も練習を繰り返していくと、だんだんロングシュートが決まる確率が高くなり、自分のプレーに自信が持てるようになりました。
あの時の先輩のように私も後輩にアドバイスできるよう、しっかりと技術を磨こうと思います。

そして何よりもスポーツに必要なのは強い精神力だとわかりました。
自分に負けないことが大切です。

実は自分の名刺の裏にも、座右の銘としていくつかの得た教訓を書いています。
これを見た相手が話に乗ってきたら、ほぼ、商談は成功するようになりました。
雑談しかしていないのですが、草バスケットボールを趣味として続けているから、説得力があるのかもしれないですね。

得意のポートボール

私が一番得意なスポーツは、ポートボールである。
時にポートボールを知らない人がいるのだが、小さい机くらいの台の上にゴールキーパーが一人乗っかって、味方のシュートを受け取るというバスケットボールに似たような球技である。
ゴールキーパーは台の上に乗っかっている限り動けるので、リーチが長ければ長いほど有利である。
少しくらい的外れなシュートだって、手が届けばゴールにすることができるのだから。

私の得意はまさにこのゴールキーパーである。
ドッチボールは極力外野にいたいというタイプであったので、味方が近くに来ない時は半ば蚊帳の外的なゴールキーパーは、私にはもってこいであった。
それになにより、私は極端に球技が不得手であったので、ドリブルもシュートもそれはそれは上手くできない。
つまり、コートの中ではまるで役に立たないのである。

バスケットボールの授業で、フリースローの練習をさせられたときなんかは、クラス中で一人だけ最後までシュートが決まらなかったし、ジグザグドリブルでは全ての曲がり角でボールがあらぬ方向へ飛んでいく。
そんな訳なので、まあゴールキーパーになるというのは自然な流れだったのである。
そして、いざゴールキーパーになってみると、自分でも意外ながら実に俊敏に動くのである。
きっとボールが顔にあたらないようにというとっさの防衛反応が働くのだろう。
これならば、ようやく私にも人並みに得意なスポーツができたことになる。
生まれて初めて、体育という分野で誇れるものができたととても嬉しかったのである。
ところが、実際大人になってみると、ポートボールをやる機会はまずない。
まずみんなポートボールを知らない。
ゴールキーパー用の手ごろで頑丈な台も、そうそう転がっているものではない。
そして何より時代は今、フットサルなのである。
私の得意分野は、やはり日の目を見そうもない。

»