映画の誕生と発展

映画は撮影技術とスライド放映技術を結んで発展した現代芸術の一つです。
文学芝居、撮影、絵画、音楽、踊り、文字、彫塑、建築などいろいろな芸術を含めています。

1829年、ベルギの物理家があるものが人の眼の前に消えた後、そのイメージがまた網膜にしばらく残せるという現象を気付きました。
これは映画作成の原理になりました。

1853年オーストリアの科学者がこの原理のもとに初めのアニメを作りました。
撮影技術の改善と進めは映画の誕生の大切の条件になりました。

1888年~1895年の間に、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、ベルギなどの国が撮影と放映の試験をしました。
1895年12月28日にバリで初めて映画が放映されました。

それから100年間以上の間に、映画は高度発展し、現在になって、3D映画もありました。
もっと便利なのは、ネットでも映画を見ることができます。
オンデマンドでの映画鑑賞は、個人時間の制約から解き放たれるので、非常に便利ですよね。

いつでもどこでも見られる、ネット環境さえあれば、実現可能であるということの素晴らしさを体感出来る瞬間かもしれないですよね。
どこからでもアクセスが可能というのは、手慣れた人にとっては便利ですが、必要性を感じない人もいるわけです。
ですから、操作やオペレーションや利用シーンだけを見て、情報弱者あるいは強者というレッテルを貼るのはお門違いですね。

«
»