マラソン

大好きだった長距離走。
高校3年の時だけ、推薦入試とかぶって欠席した。
それでも、病欠以外は免除される追試的な日に自ら走ったぐらいだ。

何より私は短距離が遅い。

だから、ゴールテープを切ったこともなければ上位に入ったことすらなくて、走るということでは日の目をみないのだろうと思っていたのだが、持ち前の根気強さが功を奏して、長距離走では常に上位にいられたのである。

スタートした時は、とにかく上位層の走りにできるだけついていく。
そして、途中から自分の限界に近づくのだが、そこからの我慢で気持ちいいぐらいの高揚感を味わいながら走るあの感覚が最高なのだ。

まぁ、と言っても大人になった今、ジョギングをやるわけでもなく、地域マラソンに出てみるわけでもないのだが、根気強さだけは相変わらず他のところで発揮している。
最近はランナーズハイも経験した。

このランナーズハイは、本当に、いつまでも走り続けていられる感じがする。
が、走り終えた後の疲労度が尋常ではない。
これも経験だ。

走るという単純なスポーツに見えるが、実際に走ったら、そんなことは無い。
自分の限界を突破すること喜びが感じられる、自己成長が体感できるスポーツでもある。
早さを追及することはないが、どんどん距離が延びると、自信にもなっていく。

長距離が好きなタイプの人間になれるか

私の知っている中で、長距離走が好きな人は二つの素質をそなえ持っている方だと思います。
一つ目が我慢強い性格。
そしてもう一つがストイックな面がある。ちなみに一つ目は私の姉がそうなのですが、昔から短距離は常に学年ビリでした。

スポーツテストではその短距離走で最低点数をはじき出し、いくら斜め懸垂やボール投げで頑張っても最低の級しかもらえませんでした。
でも、長距離になると人が変わったように速くなります。
本人も分かっているようなのですが、常に短距離走のトップスピードを保っているような感じなのです。
決してスピードが速いわけではないのですが、スピードが落ちないのです。
とうとう趣味でフルマラソンまで出場しました。
マラソンしているときに何を考えているのか私は姉に聞いたことがあります。
すると姉は「何も考えなくて走るのがいいんじゃない!」と言うのです。
無心に5時間程度フルマラソンで走ることの方が難しい様な気がしますが、それが楽しいというのです。
長女らしい、何とものんびりとした感覚なんだろうと私は思いました。
どちらかと言うと私はせっかちで何でも早く済ませないと心配でなりません。
その5時間に耐えられる我慢強さ私にはありません。
さらに、ストイックさも必要です。
長距離の苦しさ、大変さを耐久している自分をもっともっと追いこみたくなるようなメンタルの強さがないとなかなかフルマラソンはできません。
総論は、私には到底できないということなのですが、逆にフルマラソンをやり遂げることができたら私にだってこの2つの素質を持てるようになるのではないのかと思ってしまうのです。
そういう考え方をしている時点で、きっとフルマラソンを走りきることはできないのでしょう。

«
»