水分補給の方法

学生であれ働いている人であれ、一日のうちに何度も水分補給として水やジュ-ス、お茶などを飲まれていることと思います。
またサラリ-マンの方ですと、タバコの前に一杯と、コ-ヒ-などをよく飲まれたりされるかもしれません。

日本ではうれしいことに多種多様のドリンクを身近な場所で手に入れることができます。

近くのコンビニで買うこともできますし、自分で作ることだってできます。こういうことは毎日のことですから特に意識せず購入していましたが、何を自分はよく選んでいるかふとたちどまって考えてみますと、以外に飲み物から糖分を取りすぎたりしていてびっくりすることもあります。

こういうことに気づいてから、以前の職場では自分でミントやラベンダ-など、ハ-ブティ-のパックなどを買ってきては砂糖を入れずに飲むようにしていました。
しかしもちろん働いていて時折どうしても睡魔におそわれることもあります。

私はコ-ヒ-のカフェインが以上に効く人なので、そういう時はやはりコ-ヒ-をミルク付で、しかし砂糖はなるべく入れないで飲むようにしていました。

最近ではそれぞれのお茶やジュ-スの効能も様々なメディアや宣伝を通して知ることができるので、時と場合によりたまには変化をつけてみるのも楽しいでしょう。
お茶の専門店などもけっこうありますから、少し足をのばして色々と試してみるのもいいかもしれません。

高速・夜間バスを利用するにあたって

高速・夜間バスを利用するにあたって、いくら激安だからといって混雑が予想される時期は避けた方が良いと思います。
利用するのであるなら、車内の中は冷える時があるので、薄手のショール・カーディガンなどを1枚持っていると便利です。

飲み物や食べ物を持参する事も大事です。
車内はかなり乾燥するので、水分補給はとても大事だと思います。

今の時代でしたら、スマホやタブレットなどを持って入れば長距離でも暇を潰せるでしょう。
後は充電器も忘れずに持って行くべきです。
電源が途中で切れてしまってはさいあくです。
充電しながらでもスマホは使えますからね。
アイマスクはあれば持って行っても良いと思いますが、ほとんど使わないでしょう。
首枕は必需品です。
これはかなり使えます。
長距離・夜間バスには、枕を貸してくれる所もあると思いますが、他人が使った物はやはり抵抗があると思いますので、首枕は持って行くべきです。
ウエットティッシュもなかなかの優れものです。
手が汚れた時など、わざわざトイレに行かなくてもいいからです。
化粧水・フェイスクリーム・ハンドクリーム・化粧落としなども役にたちます。
車内はとても乾燥するのでこれらの物があれば乾燥から肌を守ってくれます。

«
»