水の硬度とは

水の「硬い」、「軟らかい」の違いは、含まれる酸化カルシウムの量による。ミネラル分の中のカルシウムイオンと、マグネシウムイオンの合計量を酸化カルシウムに換算したものが「硬度」である。
この値の高さ低さが、水の硬さ軟らかさとなる。

硬水は、ヨーロッパに多いようだ。

硬水は、カフェインやタンニンが溶解しにくかったり、食物繊維を固くさせたりする性質があるため、煮炊き料理や、コーヒー・紅茶に向いていない。
そのため、硬水の多い中国やヨーロッパでは、炒め料理や、蒸し煮などが発達している。

煮物を作るときには、水ではなくトマトなどの野菜からでる水分を利用する工夫もされている。
その反対に、日本に多い軟水は煮炊き料理や、飲料水に向いている。
日本は煮物が、おいしくできる国なのである。

薬を飲む場合でも軟水が良いと聞いたことがあったが、あながち間違いではないようだ。
子どもの頃から、ペットボトルで水が売られていた環境で育った人は、水道水を飲むということに、かなり抵抗があるらしいというウワサも耳にする。

これは極端な話しだろうが、水を売るということに着目した人は、本当にスゴイと思う。
が、水の種類をピタリと当てる人はいないだろう。
おいしいか、おいしくないかは、その人の感覚によるものが多い気がする。

無味無臭の水が「おいしい」と思うのは、販売者がおいしいと言っているからであろう。
日本は水大国であるが故の、贅沢な薀蓄なのかもしれない。

楽しいダイビング
贅沢な石垣島でのダイビング体験
少人数制のダイビング案内を運営するダイビングショップスタッフのサイト
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»