自家製ふりかけで栄養バランスを補う

テレビで自家製ふりかけが作れる器具の紹介がありました。
例えばお菓子の柿ピーでふりかけを作るとします。
器具の容器の中に柿ピーを入れて、器具についているハンドルを回すと、柿ピーふりかけの完成です。

見たものは何でも欲しがる娘が「買って」と言い出しました。
ピンとひらめいた私は翌日購入し、早速自家製ふりかけ作りに挑戦しました。
子供達はポテトチップスやラーメンでふりかけを作っていました。

お味はなかなか美味しく、ご飯がすすみます。
購入後、子供達も実験感覚で楽しみながら食事をしています。

しかし私の真の狙いはこれにレタス・ホウレンソウ・パセリ・イリコ・かつお節・ゴマを入れ、子供達に不足がちな栄養素を補うことにあるのです。

早速、料理本のレシピを参考に作ってみました。
塩気が少なく物足りないので、乾燥ワカメを加えました。これで無添加の健康ふりかけの完成です。

いきなり食卓に出はさず、まずはお菓子ふりかけに少しずつ混ぜ、お菓子の分量を徐々に減らしていき、気がつけば100%健康ふりかけになっているという筋書きです。
成功した暁にはまた報告致します。

ふりかけは、お弁当にも適しています。
子袋に入ったものが市販されていて、冷めたご飯でもおいしく食べることが出来るのですが、食後には、歯に海苔がついていないかどうかを確認しましょう。

特に社会人になって、商談の際に歯に海苔がついていると、かなり恰好が悪いものです。
後で気づいた時の凹み様は、体験した方なら思い出したくもないでしょう。

優しい就業管理
変形労働対応できる就業管理システム
給与連動の就業管理・勤怠管理システムBIZWORK+。三六協定チェック機能も。
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«
»