金属疲労のはなし

このところ高度経済成長やバブルの頃できた高速道路やトンネルのコンクリートや橋の金属疲労や耐久性の衰えによって起きた事故が報道されています。
これまでの公共事業とは異なった、きめ細かい点検・整備の必要性が見直され、人材育成も求められているとのことです。

生命に関わることなので、私も政府や自治体にしっかりやってもらいたいと思っていたのです。
そしてついに私にも金属疲労の悪夢が襲いかかりました。
10数年前に治療した虫歯にかぶせてあった銀歯がポロッととれてしまったのです。
別に生命にすぐに関わるわけではないのですが、とれた銀歯の部分を持ってさっそく歯科受診しました。

随分前に治した歯ですねといわれ、10数年前ですというと、良くもっていましたねと誉められたような?気になりましたが、幸い虫歯もなかったので、1日で受診が終了しました。

ところが2日後にまた、同じところがとれてしまい、また受診に行きました。

押さえがきかなくなって、とれやすくなっているとの説明でしたが、お金も時間もあまりかけたくなく、再度、同じように付けてもらいました。

そして3週間後、今度は違うところの銀歯がとれました。
すぐに出張があったので、しばらく放置していたら、今度は、最初のところも外れてしまいました。

今、2つの銀歯を前に、インフラ整備や技術者養成の課題の報道をみながら、いよいよ身体のインフラもガタがきはじめたかなと心配になりました。
予算をどの程度かけるか、歯医者をかえるべきか悩んでいます。

ちなみに、虫歯はなくても、歯の定期診断をうけることは大切だそうです。
歯石をとってもらったり、今はホワイトニングも流行っているとのことです。

歯科医院から届いたハガキ

先日、かかりつけの歯科医院から定期検査のハガキが届きました。
昔は痛くなったら歯医者に行くというのが一般的でしたが、最近は予防歯科といって虫歯になるのを未然に防ぐ方法をとっている歯科医院が多く、どこもこうやって親切に定期的にハガキを送ってきてくれるようです。

かかりつけの歯科医が言うには、虫歯は治療することができても、歯茎が病気になり歯が抜けてしまってはどうすることもできないので、実は歯茎のケアこそ重要だそうです。

歯磨きは毎回やっていても、歯茎のことまで深く考えたことがありませんでした。
ここ数年は歯茎の健康のためにも定期的に歯科医に診てもらい、歯ブラシでは落とせない歯石を超音波で落としてもらっています。

歯の清掃前の写真と後の写真を見せてもらい、ブラッシング指導をしてもらえるので大変助かっています。
どうしても歯医者って、怖いイメージがあって、なかなか腰が上がらない人も多いとは思いますが、数十年ぶりに歯医者に行った知人曰く、奇跡的に軽い虫歯しかなかったが、歯周ポケットが深くて歯石除去に4日ほど費やしたとか。

虫歯治療は麻酔もあったということですから、虫歯治療含めて4日でしょうが、連続ではありません。
通院は数日おきだったので、一ヶ月以上は掛ったそうです。
これは非常にレアケースで、恐らく数年で歯は劣化しているでしょうね。

«
»