断食も人それぞれ

あるアーティストの音楽番組出演前だけの断食ダイエットというのがネットで話題になっていた。
別のアーティストは「夜○時以降は食べません。」という一種の断食を行っているようだった。

これで中身の無い人がアーティストの真似をしてダイエットするのだろう。

今まで、二日酔いで受け付けない時以外に食を抜いたことはなく、どれだけ時間がズレても3食食べてきた私にとって、いくら一時の“美”のためとはいえ、断食など考えられないのだが、彼女たちはいとも簡単にやってのけ、おまけに本当に“美”を手に入れている。

そうなると、すごいリバウンドが…などと偏見を持っていた断食についてもそれほどいけないことでもないのではないか、と思えてくる。

それこそ、どうしてもお腹をへこめておきたい時(私は極度の胃下垂なので食後は必ず下腹が出る)などは、1食かそれ以降の食事を抜いてみてもいいかもしれない。
そもそも、ダイエットのためのダイエットだから、長続きしないのだ。

コンプレックスで夜も眠れないというような人が、研究して正しいダイエットを知ることで成功させているのに気づかなければならない、何でも食い付くダイエットマニアの人は。
マニアだけに知識は豊富だが、残念ながら実績が出ないので説得力がないのである。

スポーツ選手に肥満が少ないのはなぜかを考えれば、食べないという事だけで、身体が絞れるわけがないのだ。
思考とは本当に大切です。

管理された牧場
食肉卸業者厳選パーティセットの精肉
個人向けの商品開発も手掛ける業務用食肉卸業者の人気メニュー
meat-kimura.co.jp/

«
»