English school

「趣味は英会話です。」なんてことを言ってみたいというのが最近の私の密かな夢です。

TOEICや英検でレベル高いランクを合格していても、使えないと意味が無いですね。

もともと、科目の中では得意だった英語。
資格試験も若い時には挑戦したりしていて、他の人よりは少し話せたと思うのですが、これが日本の英語教育だという象徴のように、大人になり、ちょっとした時に英会話として全く成立しないのですからショックですよ。

今回、割と外国の方が多い地域に越してきたこともあって、尚更英会話を楽しみたいと思ってしまったこともあります。

基礎となる語彙力や文法力はそこまで衰えていないので、とにかくすっと文章じゃなくても会話の基礎が発せられるようになれれば、ある程度会話が成立するのではないかと思うので、これから少しの間、趣味は週2で通うEnglish schoolの授業です、という感じになりそうです。

海外留学などで現地でバイトを探すのも大変です。
ネイティブ相手に英会話力を売りにしても、全くの見当違いですが、この間違いに気づかない人もいますよね。

最も有利となるのは、日本人観光客を呼込めることを売りにすることです。
留学先の場所にもよりますが、こうした目線が無ければ、何をしても満足な結果は出ないでしょう。
日本からの新婚カップルとか狙い目です。

英会話教室では皆同じレベル

英語にチャレンジ中。
アイリッシュパブに来る外国の方たちと話したいので英会話ペラペラになりたい!

私は中学、高校と英語を勉強してきましたが、いまひとつ会話には自信が持てず、社会に出てからは英語を使うこともなく、ますます英語から遠ざかっていました。

街で外国の方を見ると真っ先に思うことは「話しかけられたらどうしよう…」
言葉がわからないからと尻込みして目線を合わせないようにしていました。

ある時、友人に誘われて行ったアイリッシュパブで、たくさんの外国の方と日本の方が和気あいあいとお話をしながらビールを飲んでいる光景をみました。
こんな小さな空間でも小さな世界が広がっているようで、なんだかとてもわくわくしました。

この人たちの話に混ざることができれば、もっと自分の知らないいろんなこと、日本以外の事、文化・風習…はじめて知る世界が広がっているのではないかと…

でも、私にはまったく自信がありません。
どうしようか…
ちょうど私の友人も同じ気持ちになったらしく、そこへまたちょうど、別の知人が通っている英会話教室のフリースクールに空きがあるとのこと。

友人と顔を見合わせて「思い立ったが吉日!(ちょっと古いですが)」とばかりに、すぐに申し込んで通いはじめました。

英会話教室では皆同じレベルで、失敗を恐れずに明るく楽しく学んでいる。
最初は敷居が高いかなと思っていたのですが、皆同様のレベルで同じ目標に向かっていると思うと、自然と積極的になることができ、大きな声で発音練習ができるようになりました。

愕然としたのは、中学・高校で学んだはずの英単語や英文が、なかなか思うように出てこないこと。
英語を聞き分ける能力もだいぶ衰えていましたが、最近聞くことには少し慣れてきた気がします。

先日またアイリッシュパブに行きました。
以前は目を合わせずにいたのでわからずにいましたが、外国の方々、実は少し日本語も交えて話している!そして、お店の店員さんも、カタコトながらの応対でも十分通じている!!
以前はその光景に気づくこともなかったでしょうから、これは英語を学びはじめたおかげかなと思います。

そして語学を学び始めて、度胸だけはついた私。

英会話は依然としてあまりできませんが、たとえカタコト英語でも、以前のように身構えることもなく気楽にとらえることが出来るようになったので、わからないながらもチャレンジ精神!
顔を上げて、簡単な挨拶を交わす程度はできるようになりました。

これからもっともっと話せるように続けていきたいです。

»