冷凍庫を活用して食費節約

家計全体を見直し節約しようと思っても、結局しわよせがくるのは食費。
家族の健康をささえる為には削りたくないところですが、そこしか経費節減できる場所がない。

そんな時は上手に冷凍庫を活用しましょう。
肉や魚が安い時に買いだめし、冷凍するという方法以外にも、色々な食材を安価な時に手に入れて保存することができます。

食材が安価な時というのは旬の時でもありますので、旬の食材を上手に保存して使いまわしましょう。
たとえば新ショウガなどはすりおろし、袋に入れて平らにのばして冷凍し、使う時だけ折って使用します。
フードプロセッサーがあれば、大量にすりおろすことができるので便利です。

残った生クリームは液体のままでは冷凍できないのでホイップしてから一口大に搾り出し冷凍しておけば、ホットコーヒーに入れてウインナーコーヒーを楽しむこともできます。

冷蔵庫にある食材ではどうでしょうか。
日本で卵を生で食べるのが普通です。
牛丼や豚丼の上に、生卵をかけたらおいしいでしょう。

ただ、安易に卵を生で食べないほうがいいと思います。
賞味期限を見ましょう。

生で食べるだけではなく、炒めたり、蒸したり、ゆでたり、あるいは卵スープなども人気ですね。
食文化の幅も随分と広がったものです。

日本人は刺身などよく生で食べて、食べ物の元の味に楽しんでいますが、諸外国では生食はあまりないようです。
味付けの物が好きで、よく油や、塩、醤油、味の素などを入れて炒めるという話を聞きますね。

大は小を兼ねる?

最近引越しをしました。
賃貸ですし、今回はなるべく家具家電は買い換えないようにしようと思っていたのですが、
冷蔵庫だけは大きいものに買い換えようと思っていました。
うちの冷蔵庫は2ドアの一人暮らし用なので住まいに比べても少し小さいです。

でも引っ越してみて数日、まだ引っ越したばかりで食材が少ないせいもあるんですが、
このままでもいけるんじゃないかな、と思ってきました。
大きい冷蔵庫でいろいろと溜め込むよりも、この小さい冷蔵庫に入るだけの食材を買って、
新鮮なうちに使い切るほうがよいような気がしてきたのです。
でもそうなるとあまり色々買い込むことはできないので知恵を使って同じ食材で色んな食事を作るのが必須となりそうです。
これとこれだけで料理できるかな?という材料でも一品できたりするとなんだか気分も嬉しくなります。
食材の使用方法はもちろん自分でも考えますが、レシピサイトも便利ですよね。
食材名を入れて検索すると色んなレシピが出てくるので、
家にあるものだけで料理をすることも可能です。
でも私はだいたいそこからさらにアレンジを加えます。
そのまま作るより自分で考えて作ったほうが楽しいです。

あと、いっぱいになりがちなのは冷凍庫です。
作りすぎたおかずや炊きすぎたごはんがだいたい冷凍庫に入っています。
私の悪い癖で、冷凍庫に入っているものは半永久的に食べられるような気がして、
入れっぱなしにしてしまうことです。
冷凍してあってもなるべく早く食べたほうが本当はいいんですよね。
だからこれからはなるべく入れた順番に、早めに食べるようにします。
忙しかったわけでもないのに冷凍したものを食べるのは手抜きのような気がして気が引けるのですが、
もう気にしないようにします。

こうやってうまく知恵をつかってやっていけば、この冷蔵庫でこれからも乗り切れるかな?
でも冬はいいけど問題は夏ですよね。
常温においておくと駄目だから冷蔵庫にしまうものも増えるし、
飲み物やアイスも増えてきます。
逆に夏を乗り切ればこれで大丈夫。どこまでいけるが頑張ってみたいと思います。

«
»