年齢によって趣味が変わる

誰でも自分の趣味を持っているのでしょう。
旅行が好きな人もいるし、スポーツが好きな人もいるし、歌が好きな人もいます。

趣味は私たちの生活を豊かになる調味料です。
自分が好きなことを通して、他人と友達になるケースもたくさんあります。

特に子供の頃に同じ趣味を持つ人にあうと、その人と一生の親友になる可能性があります。
一つの趣味を最後まで持つ人もいますが、大体年齢によって、趣味も変わります。

例えば、幼稚園の頃に漫画が好きです。
小学校の頃に動物を観察することが好きです。
中学校と高校に入ったら、歌やダンス、スポーツなどが好きになります。

大人になって、競馬が好きになります。
お年寄りになった後、お茶を飲んだり、囲碁をしたりすることが好きになります。
嗜好性が変わることは、全くおかしなことではありません。

興味関心は経験を積むことによって変わらなくてはいけないはずです。
同じものを見聞きしているわけではありませんし、いろいろなことに触れることで、人生経験が豊富になってくることも否定出来ないでしょう。

何事も経験だという言葉もありますが、無理強いは逆効果です。
周りが強く勧めると、防御本能が働いて否定します。
メリットやデメリットを伝えて、最終的に本人に判断させることが重要です。

仮に、薦めた相手が興味を最後まで示さなかった場合、あなたは責任取れないはずですし、関係もギクシャクします。
感情のもつれはコミュニケーションにとって一番の大敵なのですからね。

«
»