産後ダイエット

ダイエットというダイエットが今まで続いたことがありません。

根気が無いとか本気では無いとか言われますけど、きっち無知なことが大きな壁なのだと思っています。

そもそも、必要的に体重を落とさなければという機会があったわけではなく、“部分痩せ”という言葉が流行った時に、私も…と思い、例えばヨガだったり、バランスボールだったりをやってみたりしたのですが、それはもういわゆる3日坊主に終わったものばかりでした。

やはり、ダイエットというのは、切羽詰まる必要性と目的と目標が定まっていないとできないな、と思ったものです。

そしてまさに、今回は切羽詰まる必要性に迫られています。
10ヶ月ものぐうたら妊娠生活で、私の体重は14kgも増加してしまい、産後の下腹はだるだるだからです。

妊娠以前に履いていたデニムが産後に入らなかったのは本当にショックでした。
とにかく、骨盤ベルトや美容グッズを肌身離さず使用し、それに頼りすぎず、毎日目標-10kgを目指して猛ダイエット中です。

理由は、常夏の海でビキニを着るため。
若い頃は自信があった体型も、今は見るも無残な姿になってしまってます。
あの頃に戻りたいという一心だけですね。

動機は不純でも、実際に健康に悪影響の無いダイエットですから、ダイビングできるような身体に作り変えたいと思いまする

今年の目標

今年の私の年頭所感はこうである。
旧年は育児と家事・仕事に疲れ果てて、女性としての美しさを保つことを忘れていた。
また、穏やかな気持ちで日々を過ごすことができず、子供をきつく叱ってしまったり、イライラして夫に当たってしまったり、決して良い母親でも妻でもなかった。

だから、今年は子供が他のお友達に自慢したくなるような綺麗なママに、また夫がいっしょに歩いても恥ずかしいと思わないような妻になろうと思う。
そして、常に穏やかに笑顔を以って夫と子供に接していきたいと思う。
しかし、よくよく思い起こしてみれば、私の昨年の所感も大体同じようなものだった。
、まったくと言ってよいほど進歩がないわけである。
そのことを思い出して、私は自分で自分に呆れてしまった。
結局、その時思うだけで行動に移せていないのだ。
決心しても実践するのは数日だけで、あとはなあなあになってしまっていたのだ。
だからこそ、今年は本当に行動せねばならないと思った。
年末に「また何もできていませんでした」では洒落にならない。
まず、肉体作りをしなかればいけない。
ダイエットで体重を落とす。
それから肌や髪のお手入れを入念にする。
そうすれば少しはキレイに見えるだろう。
それから、普段からお化粧をきちんとしてセンスの良い服を着るようにしなければならない。
そして、今までのようにイライラするのではなく、心を落ち着かせて夫や娘に接していかねばならない。
今までの私を脱するのはなかなか難易度が高そうだが、来年また同じ年頭所感にならないように、今年は本気で頑張ろうと思う。

夏の海の水着
美しい海でダイビング
雄大に泳ぐマンタと一緒にダイブ。専用コースも充実。初心者向けの講習もしているダイビングショップ。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»